顔合わせ 結納

両家の親から結婚の承諾を得たら、早めに親同士を引き合わせる顔合わせの席を設けましょう。両家のしきたりや希望などを考慮した上で、スタイルを決めます。 結婚には両家それぞれのしきたりや地域の風習など、自分たちの希望だけでは決められないことがたくさん出てきます。

だからこそ結婚準備のスタートで、両家の足並みを揃えておくような配慮をしましょう。
  顔合わせには、結納が重んじられてきましたが、最近では食事会のみを行うカップルも増えてきました。どちらも、両家がスムーズに交流できるよう、あらかじめ相手の家や親について、食事の好みから趣味、仕事の内容や、土地柄などの情報交換をしておくと会話に困りません。
  顔合わせの場は両家の事情や好みにより様々ですが、両家にとってアクセスのよいレストランや料亭で行われることが多いようです。両家の住所が離れている場合は、どちらで行うのか、あるいは中間地点でおこなうなど、相談して決めましょう。
  また食事の内容もお互いの好みや健康状況、アレルギーに配慮して選びましょう。 仲人がすべて取り持つ正式な結納をするカップルは今はまれで、略式結納がほとんどです。 式場に依頼すると段取りから結納品の用意やセッティング、進行までをになってくれるので便利。

チャペル